ドイツのオンライン銀行N26の使い方や革新的な機能・手数料まとめ

n26

スポンサーリンク

ベルリン発のフィンテックスタートアップのオンラインバンクN26はスマホやPCから簡単に振込や送金、入出金ができます。今回はN26で利用できる機能や入出金や送金などにかかる手数料をまとめてみようと思います。

 

N26で利用できるサービス

N26ではスマホやPCから様々なサービスが利用できます。振込や国際送金など、わざわざ銀行に行く必要もなければ窓口での手続きの待ち時間もありません。

 

N26の魅力をたっぷり紹介している記事も合わせてどうぞ。

EU在住なら8分で口座開設可能なドイツのネット銀行N26がすごすぎ
N26というベルリン発のオンラインバンクを知っていますか?ドイツだけでなくヨーロッパに居住している人にとって確実に口座開設するなら、英語対応で誰でも審査なしで申し込みできるのがN26。審査等がないので開設を拒否される心配もありません。N26は英語に対応なのでとにかく口座開設が簡単!申し込みにかかる時間はたったの8分間!

 

N26では以下の6つのサービスを利用することができます。

 

特によく利用頻度の高いTransferWise・CASH26・MoneyBeamについて紹介して行きたいと思います。

 

CASH26
ATMや提携しているReweなどのスーパー等から現金の引き出しを預け入れができる

MONEY BEAM
N26のユーザ同士で送金ができるサービス。送金といってもリアルタイムでお金の振込みが完了するので知人との少額のお金の貸し借りがアプリ上でできる。もちろん手数料は一切かからない。

TransferWise
以前紹介したTransferWiseという国際送金サービスとN26はパートナーシップを結んだようです。N26の口座から海外へ送金する際、自動的に手数料が格安のTransferWiseを利用できる。

 

TransferWiseで海外へ超安く簡単に国際送金する方法
銀行から海外送金をすると手数料がかなり高くかかってしまうのはご存知かと思います。今回TransferWise(トランスファーワイズ)を利用した為替手数料が一円もかからない国際送金の方法を紹介したいと思います。トランスファーワイズは、日本では2016年からはじまったサービスで国際送金のいままでの常識をがらりと変えました。

 

ではCASH26・MoneyBeam・TransferWiseについて詳しく紹介していきます。

CASH26

CASH26を利用してMastercardの使えるATM、REWEやPennyなどのスーパーマーケットや提携先から現金を引き出すことが可能です。残念ながら預入は提携店のみみたいです。

提携店は以下のお店、提携店は随時拡大中。

アプリから近くのATMもしくは提携店を探すことができるので特に気にしなくても大丈夫。

試しにベルリンで調べてみたら、多すぎてひいた。

ちなみにグリーンのマークが引き出し・預入が可能、グレーは引き出しのみ。これだけあれば特に困らない。

 

 

現金預け入れ(Deposit Cash)

現金の預入はATMからはできない、提携店からの預入になる。

預け入れをするにはアプリから

+マーク>CASH26>Depodit cash>入金額を入力>暗証番号を入力>Verify code>Confirm

を選択するとバーコードが表示される。このバーコードをレジで見せて店員にお金を払えば入金完了。この時N26のキャッシュカードは必要ない。

入金額は最低50ユーロから、また1日最高999ユーロまで入金ができる。

 

預け入れ手数料

毎月100ユーロまでは手数料無料。それ以降は預け入れ金額の1.5%に手数料が発生する。日本円を両替して生活している僕にとって、入金で手数料がかかるのは正直苦しい。N26の唯一の課題はこの入金手数料かも。ユーロでの収入がある人にとっては何の問題もないが。

 

現金引き出し(Withdraw Cash)

MastercardのマークのあるATM、もしくは提携店で現金を引き出しすることができる。

ATMからの引き出しは従来の銀行口座からの引き出し方と同じ。

提携店からの引き出しはアプリから、預け入れのときと同様に

+マーク>CASH26>Withdraw cash>出金額を入力>暗証番号を入力>Verify code>Confirm

を選択するとバーコードが表示される。これを提携店のレジで店員に見せれば出金分のお金を渡してくれる。

 

 

引き出し手数料

ATMからでもスーパーなどの提携店からも月5回までは手数料無料で引き出しができる。5回を超えると毎回2ユーロの手数料が発生する。月5回以上ATMから引き出すことはなかなかないので、引き出し手数料はあまり気にならない。

引き出しは最低0.01ユーロ(1セント)から、また1日最高2500ユーロまで出金ができる。

 

 

MoneyBeam

MoneyBeamはN26のユーザー間で利用できる、割り勘をした時とか、個人間の少額のお金のやりとりにすごく便利なサービス。P2P送金というシステムを利用していて、相手に送金、もしくは相手からの送金がリアルタイムで反映される。手数料は一切かからない。

N26のユーザーに送金する場合は最低1セントから最高1000ユーロまで一度に送金ができる。

 

送金する時にショートメッセージも送ることができる。

「はい、昨日のピザ」◯◯さんに3ユーロ支払いました

こういう使い方をするらしい。

 

逆に相手に支払いを催促することもできる。

「昨日のビール代払ってくれ」△△さんから5ユーロのリクエストが来ています

こういう使い方をするらしい。

 

お財布の未来を映し出しているかのような全く新しいサービスに見える。Suicaとかの電子マネーがアプリの操作一つで知り合いに送金できるイメージ。ぼくはMoneyBeamをまだ利用したことないけどよく考えたら、とんでもなく便利っぽい。

TransferWise

TransferWiseとの提携によってN26でも格安の国際送金ができるようになった。

ただまだN26から日本円での国際送金はできない。ユーロ圏内から日本に送金したい場合はTransferWiseを別に登録する必要がある。

現在のところN26からTransferWiseを利用した国際送金のサポートに対応している国はドイツ・オーストリア・フランス・アイスランド・ギリシャ・スロバキア・イタリアの7カ国。

この7カ国からであれば以下の通貨に対応している口座へ国際送金ができる。

British Pound (GBP)/Swedish Kroner (SEK)/ Polish Zloty (PLN)/ Swiss Franc (CHF)/ Danish Krone (DKK)/ Norwegian Krone (NOK)/ U.S. Dollar (USD)/ Czech Republic Koruna (CZK)/ Chinese Yuan (CNY)/ Indian Rupee (INR)/ Canadian Dollar (CAD)/ Australian Dollar (AUD)/ New Zealand Dollar (NZD)/ United Arab Emirates Dirham (AED)/ Ukrainian Hryvnia (UAH)/ Hungarian Forint (HUF)/ Bulgarian Lev (BGN)/ Georgian Lari (GEL)/ Romanian Leu (RON)

一度に送金できる最高額は25000ユーロまで。N26がもっと成長していけば、日本への送金も可能なるかもしれない。

 

まとめ

今まで普通の銀行口座やオンラインバンキングに慣れ親しんだ人にとっては馴染みがないサービスが多い印象ですね。N26TransferWise・MoneyBeamは今までの銀行ではありえない画期的なアイデアがたくさん詰まっているサービスです。

最先端の技術を駆使した、未来の銀行の姿な気がしてなりません。

日本はまだまだ国際送金やインターネットバンクが遅れていると思うので、N26がこのまま成長してくれれば、将来的にいつか日本にも上陸する可能性があるんじゃないかなというのが僕の予想。というか日本にこういう銀行の常識を覆す新しいサービスがもっともっと増えてほしい。

N26についてはこちら
TransferWiseについてはこちら

 

スポンサーリンク

n26

ABOUTこの記事をかいた人

ベルリン・フンボルト大学へ留学中の建築学生。ドイツでの海外生活・留学・語学学習・旅行・大学生活に役に立つことを中心に情報発信していきます。建築を見ることと自転車(ピストバイク)に乗るのが大好きです。