ベルリンでの家探しのコツ、WGを見つける方法

room

スポンサーリンク

現在世界中からベルリンへの移住の波が押し寄せ、家探しはかなり難しくなってきています。留学やスタートアップ、移民の影響で人の入れ替わりが激しくなっているのが理由としてあげられるようです。

 

そんな僕も家が決まらない状態でベルリンに来ました。毎日探しても探しても見つからず、家探しは本当に苦労しました。

 

今回はベルリンでの家探しの方法をまとめてみたいと思います。

 

WG

ドイツは日本と異なり、一人暮らしのアパートよりも WG(Wohngemeinschaft)と呼ばれるルームシェアが一般的です。ほとんどのWGは家具やインターネット等生活に必要なものがすでに揃っているので、着いたその日から不自由なく生活が始められます。WGなら家具家電を買わなくて済むので出費を抑えられます。家賃は高くても500ユーロくらい。東京に比べるとかなり安く、部屋探しをするなら基本的に必要なものがすでに揃っているWGを中心に探すことになると思います。

 

 

インターネットを利用して探す

基本的にインターネットで家探しをすることになります。英語表示で利用できるサイトがあるので、ドイツ語ができなくても最低限英語ができればなんとか家探しは出来ます。

僕は長期で借りられる家が見つかるのに1ヶ月以上かかりました。そのときに毎日チェックしていたサイトを紹介します。

 

MixBクラシファイド

MixBクラシファイド

日本語のサイトです。物件数はあまり多くありませんが、語学に不安な方や、渡独する前に部屋を探すには最適です。

 

毎日何件かの新規物件が更新されるので、常にチェックするようにしていました。

ドイツに住んでいる日本人が一時帰国をする間に空いた部屋を又貸しする短期の物件が多いような印象があります。

短期の物件は掲載主の方がすでに賃貸契約をしている又貸しの状態で借りるので、住民登録ができる物件はあまりないありませんでした。長期滞在できる部屋を探すのは少し難しいかと思います。

 

僕はベルリンに来る直前に、このサイトを利用して1ヶ月間部屋を借りていました。

 

ドイツ掲示板

ドイツ掲示板

MixBに比べると更に物件数が少ないです。でもちらほら良さそうな物件があるので毎日チェックして損はないサイトです。

掲載されている物件は少ないけど長期で借りられる部屋の掲載が多いような印象です

 

WG-gesucht

WG-gesucht

ドイツで一番大きなWGを探すサイトです。

物件数が抜群に多いのでWGを探すならこのサイトだけ利用していれば部屋は見つかります。

WGに限らずアパートの物件もあり自分にあった家を確実に探すことが出来ます。英語も対応しているのでかなり使いやすいです。検索フィルターなどの機能もあり、自分にあった部屋もすぐに見つかります。

 

ドイツでWGを探すならこのサイトで間違いないです。

ただ日本から探す場合には、部屋の内見や大家に会うことが難しいのでドイツに入国する間際か、入国してから使ったほうが上手く探せるような感じがしました。

ドイツ・ベルリンでWG-gesuchtを利用して安いシェアハウスを探す方法

 

Facebook

https://www.facebook.com/groups/wg.wohnung.berlin

FacebookのWG-Zimmer & Wohnungen Berlin というグループがあるので、そこからWGを探すこともできます。

 

不動産に仲介してもらう

Immobilien, Wohnungen und Häuser bei ImmobilienScout24

不動産会社に物件を紹介してもらうので確実に部屋を探すことができますが、仲介手数料として2ヶ月分の家賃+消費税19%=2.38ヶ月分の手数料が余分にかかってしまうのであまりおすすめできません。

 

人づてを利用する

滞在先に知人がいる場合は、とりあえずどこかに空いている部屋がないか聞いてみることをおすすめします。WG-gesuchtで部屋探しをずっと探しているけど永遠に見つからないという方も、現地の友人などに聞いてみると案外すぐに見つかったりします。語学学校の友人などとも常に情報交換していると、ひょんなことから部屋が見つかったなんてこともあります。

 

まとめ

まず滞在先に知人がいれば聞いてみる価値は大いにあると思います。特にベルリンは家探しの大変さをみんな一度通ってきているので手伝ってくれることも結構あります。

 

もし渡独後の家が決まらない状態ならば一番安心なのはMixBやAirbnb等を利用して入国してから1・2ヶ月ほどの短期の物件を借りるのがおすすめ。その間に長期滞在できる部屋を必死に探せば結構見つかります。最初に借りる部屋はできれば住民登録ができるところを見つけたほうがいいと思います。
もしそれでも見つからない場合はもう1度短期で借りられるをところ借りて、その間に探すしかありません。短期の物件は割りとすぐに見つかりますし、簡単に借りられることが多かったです。

 

長期で借りられる部屋が見つからずにドイツに入国するときは

MixBやAirbnb等を利用して入国してから、とりあえず滞在できる部屋を1,2ヶ月借りる

その間に長期で借りられる部屋を探す、見つからない場合はもう一度短期の物件を借りる


という方法で長期で借りられる部屋を見つけるまで頑張るしかない。
ぼくの周りを見てもほとんどの人が1ヶ月もあれば部屋を見つけられていました。

また8月終わりから10月までは新学期で学生が部屋を探している時期になるので、なかなか見つからないかもしれません。
僕はちょうどこの時期と重なって、待ちに待った海外での新生活のはずが絶望感でいっぱいになり、超絶ホームシックになってしまった。。。

すぐには決まらないかもしれませんが、ぜひ楽しみながら家探しをしてみて下さい!

スポンサーリンク

room

ABOUTこの記事をかいた人

ベルリン・フンボルト大学へ留学中の建築学生。ドイツでの海外生活・留学・語学学習・旅行・大学生活に役に立つことを中心に情報発信していきます。建築を見ることと自転車(ピストバイク)に乗るのが大好きです。