自転車購入予定の人にオススメしたいピストバイク・シングルスピード

fixie

スポンサーリンク

ピストバイクに乗り始めてから、他の自転車に乗れなくなりました。それくらいピストバイクには魅力と刺激があります。ぼくがピストバイクとシングルスピードをおすすめしたい理由を余すことなく紹介していきたいと思います。

 

シンプル

変速機がついていないため、構造的にかなりスッキリして見えるのがピストバイクの最大の魅力です。

 

ただ漕ぐだけの自転車と言っても過言ではないくらいシンプルです。ギア変更などの操作がない分、純粋に自転車を漕ぐことだけを楽しむことができます。

 

ピストバイクって自転車の原点的な印象があります。

 

他にも泥除けや反射板など余計なものを一切備えていないので、一度ピストバイクに目が慣れてしまうと他の自転車についてる全てのものがじゃらじゃらとした目障りな装飾にさえ見えてきます!まさにシンプル・イズ・ベストといったところ。

 

 

建築的に言うならば、ローマの装飾ジャランジャランの建築を普通の自転車と例えるなら、ピストバイクはまさに極限まで無駄なものを排除した、ミースのファンズワース邸にさえ見えてきます。

 

建築の言葉でいうレス・イズ・モアといったところです。

 

構造がシンプルな自転車ほどフレームの形がくっきり強調されるので自転車のシルエットがよく出ます。これ見た目に惹かれたのがピストバイクを買った一番の理由かもしれません。

 

壊れにくい

構造がシンプルゆえに、壊れにくいという利点もあります。ロードバイクとかマウンテンバイクってばんばんギア変更するので、変速機がおかしくなったり、調子が悪くなることがよくあります。ピストバイクはそれに比べて、そもそもギアが変えられないので、そういった不具合が出ることがほとんどありません。ただ漕ぐだけの自転車!

 

安い

最低限の構造でできているので、パーツの数がそもそも少なく、値段が安いというのがピストバイクのいいところ。お金のない僕には嬉しい。

 

自転車ってよく走って、良いモノを求めると、どうしてもかなり高価になってしまうんですが、ピストの場合は構造のシンプルさとパーツの少なさゆえに他の自転車に比べて初期費用がかなり安く抑えることができます。

 

ロードバイクなんかはちゃんとしたものを買う場合、最低でも10万円〜っていうくらい高価です。ピストの場合は3万円も出せばちゃんとしたピストバイクが手に入ります。5万円も出せばかなりグレードの良いピストが買えると思います。

 

軽い

これもピストのシンプルさ故の利点です。本当に最低限パーツしか装備していないのでとにかく軽い。軽いもので7〜8キロ前後、重くても10キロしないものがほとんどです。一般的に軽い自転車ほど高価になってきますが、ピストバイクはそもそも軽いので、はじめから軽い自転車を安く買えるというメリットがあります。

 

坂道と強風との相性が良い

これは固定ギアの場合に限ってのはなしです。

 

固定ギアの場合ペダルが常に回り続けている状態なので、一度ある程度のスピードが出てしまえば、あとは少し漕ぐだけでそのスピードを維持するのが簡単にできます。坂道でも同じことが言えて、ある程度のスピードが出ている状態で坂道に入ると、自分で力を入れて漕がなくても、ペダルは勝手に回ってくれます。あとは勝手に回ってくるペダルに少し力を入れて踏み込みさえすれば、案外簡単に坂道を登れます。このことを「ピストにはお釣りがくる」とか「利息が付く」ってよく言ったりします。

 

風の強い日だと、普通の自転車は風に負けてすぐスピードが落ちたり、風に青やれてふらふらするので、普段の倍くらい疲れることもあります。固定ギアのピストバイクの場合は、坂道のときと同じように、強風の日でも、ある程度スピードさえ出せば、そのスピードを維持するのが容易で、「利息がついてくる」状態になります。風に煽られてグラついたり、風に負けてスピードが急に落ちるということがほとんどありません。

 

ピストバイクは構造がシンプルゆえに全天候型というメリットがあります。

 

『ピストにはフリーを付けてはいけない!!!』
さて、今日のブログ記事はとある衝撃的な研究成果を発表する場となる。そう、我が連邦が誇る秘密組織、連邦自転車研究所…通称名FBI(Federal Bicycle…

 

 

頼れるの自分だけ

ギアが付いていないピストバイクって坂道がきついじゃと思うかもしれません。確かに慣れない間はちょっときついです。ギアを変えるということがピストバイクではできないため、自分の足以外に頼れるものがありません。坂道はもうひたすらに漕ぐしかない。でも技術に頼らないで自分の力だけでどうにかするって、楽しいですよ。

 

今の時代なんでも技術が進んでいるので、僕らが苦労することって昔に比べたら本当に少なくなったと思います。だからこそ技術に頼らないで、自分の力だけで立ち向かう姿勢ってどんどん価値のあることになってきていると思うし、今の時代に僕らが必要としていることだと思います。それが簡単にできるのがピストバイクに乗ることなんじゃないかなって思います。

 

ギアのついていないピストバイクは、僕にはかなり刺激的な自転車に見えたし、実際に乗ってみて漕ぐだけの自転車って自分でいくらでもコントロールできるから最高に楽しい。

 

メンテナンスが楽

ピストバイクは故障が少ないので他の自転車に比べると、メンテナンスの頻度が圧倒的に少なくて済みます。変速機付きの自転車だと、ギア変更の調子が悪くなることが多く、自転車の知識がないと修理・点検できないという事が起きます。変速機付きなので、より複雑な構造をしているし、素人にはなかなか難しいので、毎回自転車屋に見てもらうっていうこともしばしば。

 

ピストの場合は、とにかく構造が単純なので、ちょっと調べれば、自分でメンテナンスできるようになります。慣れれば自転車をバラして、組み直すこともできるようになります。それくらい構造が単純です。

 

カスタムマイズできる

パーツが古くなってきた、もうちょっと良いものにグレードアップしたいという時でも、ピストバイクの場合は容易にカスタマイズすることができます。

 

ピストは競輪がそもそもの由来なので、競輪用の超優秀なパーツも多く出回っています。またピスト自体ファッション性が強い部分があるので、カスタマイズできるパーツも非常に多いことから、自分だけのピストバイクを自分の手で作り上げることだってできます。着せ替え人形のように自分の好きなパーツを取り付けて、世界に一台の自分の自転車をデザインしましょう!

 

参考までに、ピストバイクの動画を。ベルリンに拠点を置く8barというブランドのかっこいい動画です。

まとめ

ピストバイクには安い・壊れにくい・軽いというのメリットがあります。何よりも自転車の中で一番シルエットが格好いい自転車だと思います。少しでもピストバイクの見た目に魅力を感じるならば、間違いなくピストを選ぶべきです。

 

自分でメンテナンスするのが簡単というのも、ピストの楽しいところです。自転車って一度乗ってしまうと、あとはどんどん汚れて、パーツもサビだすと、徐々に愛着がなくなってきてしまうんですよね。

 

でもピストは本当に手入れが簡単なので、誰でも自分でメンテナンス・修理ができます。自分でメンテナンスするとどんどん自分の自転車に愛着が湧いてきて、ピストに乗るのがもっと楽しくなります。

 

さらにちょっと物足りなくなっても、パーツの変更が容易にできるので、自分の好きなようにカスタマイズできるのもピストの奥深いところです。自分が思いの行くまでカスタマイズして世界に一台しかない自分だけの最高のピストバイクを作れます。ピストバイクは本当に奥が深く楽しいですよ!

 

 

スポンサーリンク

fixie

ABOUTこの記事をかいた人

ベルリン・フンボルト大学へ留学中の建築学生。ドイツでの海外生活・留学・語学学習・旅行・大学生活に役に立つことを中心に情報発信していきます。建築を見ることと自転車(ピストバイク)に乗るのが大好きです。