ドイツで銀行口座を開設する方法・オンラインバンク申込み〜開設まで

online-banking

スポンサーリンク

これまで何度もドイツの銀行に関する記事を書いてきました。なかでもドイツのインターネットバンキング(ダイレクトバンク)は特に日本人にとって開設がしやすく使いやすいというメリットがあります。

ダイレクトバンクの中でも特にNorisbank・comdirekt・N26・DKBなどの会社は非常にサービスも充実していて、現地のドイツ人も多く利用しています。

ではどうやってダイレクトバンクで口座を開設するのかということを、この記事では書いてみたいと思います。

ダイレクトバンクはほとんど口座開設の仕方が同じなので、1度開設の仕方に慣れてしまえば、他の銀行の口座を開設する場合でもだいぶ楽になると感じました。

しかし最初の1回目ってよくわからないし、日本語で説明してくれているものも殆どなかったので、この記事では初めてドイツでダイレクトバンクの銀行口座を開設するよって人に、申込みから実際に口座が使えるようになるまでの流れを理解する上で参考になればと思います。

 

 

どの銀行にするか選択

最初にやるのはどのダイレクトバンクを選ぶかということだと思います。ダイレクトバンクは会社によってサービスが少しずつ変わってくるので、一概にどの銀行が一番であるか決めづらい気がします。

その中でもサービスが充実していて、外国人である私達にとってNorisbank・N26・comdirekt・DKBは口座開設が比較的楽だと思います。

ダイレクトバンクの口座を開設するならこの4社のどれかを選べば間違いなしです。

各銀行少しずつサービスが異なってくるので、自分のお金の管理の仕方に合う会社を選ぶと良いと思います。

開設が一番楽だと感じた銀行は、唯一英語対応のN26。

自分の口座への入金を頻繁にする人はNorisbankがおすすめです。

EU在住なら8分で口座開設可能なドイツのネット銀行N26がすごすぎる

EU在住なら8分で口座開設可能なドイツのネット銀行N26がすごすぎる(旧Number26)

2017.01.09

 

ドイツで銀行口座開設するならオンラインバンクNorisbankが超便利!

ドイツで銀行口座開設するならオンラインバンクNorisbankが超便利!

2017.01.07

 

ダイレクトバンク各社のメリット・デメリットについては以下の記事書いています。
ドイツで銀行口座を開くならネットバンキング!おすすめ5選徹底解説

ドイツで銀行口座を開くならネットバンキング!おすすめ5選徹底解説

2016.12.19

 

申し込み

どのダイレクトバンクで開設するかが決まったら早速申し込みをします。インターネットがあればいつでも申し込みをできてしまうのがダイレクトバンクの良いところです。

ほとんどのダイレクトバンクでは無料でクレジットカードを発行してくれますが、確実に開設したい場合はクレジットカードに申し込まない方がいいです。

またDispoと呼ばれるキャッシュ機能もつけないほうが確実に口座開設することができます。

クレジットカードやDispoをつけると収入証明書を提出するなど、口座開設のハードルが若干あがってしまうことがあります。

上に挙げた4社のホームページ
N26
Norisbank
DKB
comdirekt

書類の準備

申込みが完了するとメールで書類が送られてきます。身元確認用の書類と申し込みフォームの2点という場合が多かったです。これを印刷します。

身元確認用のクーポン(PostIdent)は以下の画像のようなバーコード付きので書類です。申し込みフォームの方は間違いがないか確認してサインをします。

postident

銀行からメールで送られてくる書類とパスポート、住民登録証が揃えばあとは郵便局に行って身元確認をしてもらってお終いです。

 

 

郵便局で身元確認(PostIdent)

郵便局で行う身元確認をPostIdentといいます。ドイツでは身元確認をする工程でよく利用されます。手数料等は一切発生しません、全て銀行側が負担してくれているようです。

Postident
Die Postident-Verfahren sind Methoden der sicheren persönlichen Identifikation von Personen, die durch die Mitarbeiter der Deutschen Post AGvorgenommen wird. Die Verfahren wurden zur möglichst bequemen Gewährleistung der Auflagen des Geldwäschegesetzes eingeführt, das Bankengesetzlich verpflichtet, die Identität des Kunden bei der Kontoeröffnung festzuhalten. Man spricht beim Postident-Verfahren auch von einer unpersönlichen Legitimationsprüfung.

身元確認には

  1. パスポート
  2. 住民登録証
  3. PostIdentのクーポン
  4. 申し込みフォーム(あれば)

この4点が必要です。これらの書類を持って郵便局の対人カウンターで身元確認をしてもらいます。

PostIdentのクーポンを見せればすぐに理解してもらえると思います。あとは郵便局のスタッフが作業を進めてくれるので待ちましょう。3分くらいで終わります。最後に不備がないか確認してサインをしたらおしまい。

 

銀行から書類受け取る

あとは銀行からキャッシュカードや書類が送られてくるのを待つだけです。セキュリティ面を考慮してキャッシュカードや暗証番号、口座情報などは全てバラバラに送られてきます。

キャッシュカードと決済用の暗証番号、ATMの暗証番号、TANという日本で言うワンタイムパスワードなど複数の書類が届きます。

 

補足・郵便受けの名前表示

郵便受けに自分の名前がないと自分のもとに書類が届かない場合があります。

いわゆるc/o…やbei…のような住所の書き方だとだめな場合があるので、大家に相談するなどして、一時的に自分の名前を郵便受けに表示させておいたほうが確実です。

WGに住んでいる場合にありがちです。

 

まとめ

簡単にダイレクトバンクの口座開設までの流れをまとめました。日本で銀行口座開設するときとは全く異なるので、僕は最初はよく理解できませんでした。

特に郵便局で行う身元確認が僕の中では謎でしたが、普通にPostIdentのクーポンを持っていけば作業に取り掛かってくれます。身元確認だからといって特に質問されるわけでもなく、困ることは特にありませんでした。もちろんPostIdentは無料でやってくれます。

 

スポンサーリンク

online-banking

ABOUTこの記事をかいた人

ベルリン・フンボルト大学へ留学中の建築学生。ドイツでの海外生活・留学・語学学習・旅行・大学生活に役に立つことを中心に情報発信していきます。建築を見ることと自転車(ピストバイク)に乗るのが大好きです。