ベルリンでの留学生活にかかる最低限必要な1ヶ月の生活費

living-costs

スポンサーリンク

ドイツの中でも物価が安いといわれているベルリンですが、学生として生活するには1ヶ月いくらくらい必要なのでしょうか。

実際に自分のベルリンでの留学生活で1ヶ月にいくらくらい使っているのか、計算してみました。最低限これくらいあれば生活できるよっていう感じの参考になればと思います。

生活費内訳

 

家賃   300〜500ユーロ(36000〜60000円)

食費   100ユーロ(12000円)

交際費  50ユーロ(6000円)

交通費  0ユーロ

携帯代  10ユーロ(1200円)

雑費   50ユーロ(6000円)

計    510〜710ユーロ(61200〜85200円)

※1ユーロ=120円計算

家賃や個人の生活レベルによって変わってくると思いますが、僕の場合はだいたい7−8万円もあればかなり満足な生活はできています。あくまで最低限必要な生活費なので、家賃プラス200ユーロもあれば十分じゃないかなあ。

どうでしょうか。

個人的には東京に下宿していた頃に比べるとかなり安く生活できている気がします。東京でワンルームの部屋を借りるとそれだけで7−8万かかることを考えると、相当安く生活できるのではないでしょうか。

かなり質素な生活をしているように思われるかもしれませんが、毎月何度も美術館や展示に足を運んだり、月に何冊か本を買っているので学生としては贅沢な暮らしをしているつもりです。笑

 

 

それぞれの内訳はこんな感じ。

家賃(光熱費・水道・インターネット込)

学生はだいたいWG(ルームシェア)や学生寮に住むことになると思います。僕がいままで住んだWGでは家賃に光熱費・水道代・インターネット代が含まれていました。僕を含め、周りの友人に聞いても家賃相場はだいたい300〜500ユーロくらいです。もちろんこれより安い物件もあります。

ただ留学となると家探しの次期が、学期前の学生が出入りする一番忙しいときと重なるので、ただでさえ家が見つからないので、安いWGを見つけるのはかなり難しいです。

ベルリンだと学生寮で300〜400ユーロくらい、WGで350〜500ユーロくらいっていうのがリアルな数字だと思います。

ブログ等でベルリンの家賃は超安い!っていうのをベルリンに来る前に何度も見た記憶がありますが、実際にはちょっと家賃が上がってきている印象があります。

ベルリンでの家探しのコツ、WGを見つける方法

ベルリンでの家探しのコツ、WGを見つける方法

2016.12.13

ドイツ・ベルリンでWG-gesuchtを利用して安いシェアハウスを探す方法

ドイツ・ベルリンでWG-gesuchtを利用して安いシェアハウスを探す方法

2016.12.13

 

食費

1人のときは基本的に自炊です。2週間に1回レストランとかで食事をするくらいです。

これぐらいなら、ケバブやカリーブルストを何度食べようが食費は100ユーロもあれば十分です。

 

交際費

これも人によって違うと思いますが、週1程度で友人とご飯を食べたり遊びに行くくらいなら月50ユーロも使わないと思います。相手も学生なのでお金をそんなに使いません。

 

交通費

学生なら大学からSemester Ticketがもらえます。これがあるとベルリン内の交通機関は乗り放題なので、交通費はタダ。

 

携帯代

携帯はプリペイドのSIMカードを買って1GBの通信がついたプランを契約しています。これが毎月10ユーロ

ちょっと前までは3GBで15ユーロのプランでしたが、ほとんど使い切れなかったので1GBに変更しました。

 

雑費

僕の場合は本とか美術館のチケットとかがほとんどを占めています。美術館とか展示は頻繁にいっているけど、学生は入場料が安いです。

洋服とかはたまに買う程度なので月50ユーロで十分です。

 

 

その他の出費

毎月の生活費とはビザ取得に必要な健康保険料、他に大学や語学学校にかかるお金も必要です。

 

健康保険

長期滞在には健康保険の加入が必ず必要なので、生活費とは別に健康保険料もかかります。

Care Collegeという学生用の安いもので月28ユーロ

 

Semester Fee

交通費のところで述べたSemester Ticketについてですが、ドイツの大学は学費がかかりませんが、毎学期Semester Feeという諸経費やSemester Ticketにかかるお金を支払う必要があります。僕が通っている大学ではセメスターごとに270ユーロ前後

 

語学学校

これも大学や場所によって変わってきますが、ドイツ語の語学学校のお金も人によってはかかります。僕の場合は大学のドイツ語の語学コースに通っています。これが1セメスターで20ユーロでした。

 

まとめ

生活費といっても個人の生活レベルで大きく変わる部分なので、あくまで参考程度までに。学生として生活する分には、東京で大学生するよりも、正直かなり安く済みます。

なんというか東京からきた僕にとってはベルリンはモノが溢れかえっていないので、全く物欲が湧きません。ホントにお金を使わなくなりました。勉強と自分の生活の周りのことに集中できるようになった気がします。

 

ドイツ人はケチとか言ったりするけど、むしろミニマリスト的な感覚に近いのかなあなんて思ったり。

 

スポンサーリンク

living-costs

ABOUTこの記事をかいた人

ベルリン・フンボルト大学へ留学中の建築学生。ドイツでの海外生活・留学・語学学習・旅行・大学生活に役に立つことを中心に情報発信していきます。建築を見ることと自転車(ピストバイク)に乗るのが大好きです。